物理障害と論理障害

近年のパソコン業界におけるトレンドの1つがソリッドステートドライブ、いわゆるSSDの流行です。
SSDはHDDよりも読み出し、書き込み速度ともに圧倒的に早く、作業の快適性を格段に高めてくれます。
このためIT企業を中心にストレージをHDDからSSDに変更する会社が相次いでいます。
この需要をうまく取り込んでいるのがパソコンの修理会社です。
このストレージの換装サービスをパッケージング化して必要な法人、もしくは個人に提供しています。
ストレージ換装サービスを利用することで、スムーズに手間を掛けることなくSSDを利用することができるようになります。
このため企業を中心に個人でも利用が増えており、パソコン修理会社の今後の収益の柱としてしばらくは需要が続くと見られています。

最近のパソコン修理会社はその料金体系として、基本料金をベースに各種必要な料金を加算していくタイプがほとんどです。
このため総額で料金を見ておかないと、後で考えていた料金と違うといった事態も起こるため注意が必要です。
特に診断料金や時間外料金の発生には注意をする必要があります。
まず診断料金は、パソコンの故障の原因を突き止めるために発生する作業料金です。
診断料金は基本料金に含まれていることもありますが、含まれていないケースもあるのでよく業者に確認をしておきます。
また時間外料金に関しても注意が必要で、夜間や深夜早朝に修理作業をしてもらった場合はこの時間外料金が発生します。
主に出張修理サービスでこの時間外料金は発生するので利用前に料金表をよく確認をしておくのが大事です。