電話を掛けている男性

外付けhddの利点

外付けのhddは、持ち運びやすく便利です。また、パソコン内蔵型と違いサイズの制限が無いため、内容量も膨大なものが販売されています。250GB程度のコンパクトなものから、2TBの容量を誇るものまで、その差は様々です。

この記事の続きを読む

バックアップの重要性

パソコンに内蔵されたデータをバックアップするために外付けhddを用いることは多いですが、当然外付けhddも精密機械なので、出来ることならバックアップが必要です。バックアップの重要性について知ることが大切です。

この記事の続きを読む

HDDのメンテナンス

外付けhddは、使い続けていくうちに動作が重くなってしまいます。それは、データの送受信の際に細かいデータのゴミが溜まってしまうからで、快適な動作を続けるためには、定期的にデータ上の掃除を行わなければいけません。

この記事の続きを読む

HDDの問題は業者に

ファイル送信機能が企業を支えます。色々な現場の作業効率化を実現した、魅力の秘密をこちらで紹介します。円滑なやり取りもお手のもの!

パソコンを動かす上で、HDDは非常に大きな役割を担っています。
HDDとは、「ハードディスクドライブ」の略称で、記録媒体の一種です。
パソコンを利用する上での主な役割として、パソコン上のデータやプログラムの保存を行っています。
パソコンを動かす根幹であるOSも保存してあるため、HDDがなくなるとパソコンはまともに動かすことができなくなってしまいます。
また、HDDは精密機械のため、破損などのトラブルが多いことでも知られています。
HDDは熱に弱く、長時間の使用によって温度が上がると、内部の部品が変形して正常な動作ができなくなってしまいます。
衝撃によっても様々な影響が発生し、故障の原因となるなど、とてもデリケートな部品なのです。

HDDが破損した場合には、幾つかの症状が現れます。
主な症状としては、HDD内部から異音がしたり、パソコンがHDDにアクセスした際に光るアクセスランプが、長時間点灯し続けるなどがあります。
こういった症状が出ている場合の多くが、パソコンでのアクセスが出来ない、もしくはアクセスが直ぐ途切れるようになってしまいます。
こうなるとパソコン上での修復は困難になりますが、自分で分解してもかえって症状を悪化させることがほとんどなので、メーカーや業者に依頼することが大切です。
メーカーや業者の場合、専門的な知識を持っているので、破損したHDD内の多くのデータを救出する手助けを行ってくれます。
精密機器のトラブルには、専門家に頼ることが解決への近道なのです。

物理障害と論理障害

外付けにかぎらずhddの障害には、大きく分けて2つのタイプがあります。それは、「物理障害」と「論理障害」で、2つはその原因が大きく異なります。物理障害の場合、業者でも復旧が難しいと言われています。

この記事の続きを読む

HDDを長持ちさせる

外付けhddをより長持ちさせるためには、色々気をつけなければならない点があります。衝撃の回避や、温度が高温にならないように気を配ること、あまり磁石を近づけないなど、気配りが大切です。

この記事の続きを読む

HDDの中身を整理

外付けhddに不要なデータを貯めこんでしまうと、動作不良や故障の原因にもなってしまいます。定期的に不要なデータは削除し、不要なゴミがたまらないようきちんと整理することが大切なのです。

この記事の続きを読む